社長紹介

家造りに対する信念と誇りを持って

明治生まれの初代の心意気が、職人気質として二代目に、そして、三代目の今に受け継がれています。 大工魂の100年の技が、本当の本物の技として重厚で、格調高く品格まで求められる日本家屋の伝統は、並の建築技術では、なかなかに難しいことです。採用しながら、一棟一棟に全力をそそぐ、そんな心意気を忘れない岡田工務店は、地元荒川沖で、創業120年です。住まいづくりの折にはぜひ一度お声をおかけください。最善を尽くして、よりご満足度の高い住まいづくりのお手伝いをさせていただきます。

■経歴

地元荒川沖の小・中学校を卒業後、土浦第三高等学校商業科へ入学。卒業後、大工の道へと進む。本人は大学に進学し、行く行くは銀行員になるのが夢だった。しかし当時は長男として家業を継ぐのが当たり前の時代、さらには父親(先代・角之助)が病気がちだったこと、悩んだ末に大工になる決心をする。 先代の弟子衆が住み込みで働いていた時代。現社長にとっては兄弟子にあたる先輩大工達から厳しい指導が飛び交った。辛く悔しい日もあったが、辛抱すればいつかは棟梁になれる…そう心に誓って修行に励んだという。
やがて一軒の家を任されるまでに成長する。そんな矢先、先代が68歳で死去。現社長38歳の時だった。
その後1990年に株式会社を設立。それ以後は営業職に専念し、地道な努力を重ね受注を伸ばしていった。現在社員数は8名。
創業以来120年、実直で真面目な社長は地元の人々にも人望が厚い。

■プロフィール

  • 【生年月日】昭和23年2月8日
  • 【血液型】O型
  • 【趣味】釣り・庭の剪定
  • 【特技】
    和風の家・数寄屋の家の詳細図作成
  • 【好きな言葉】細く長く
  • 【好きな芸能人】水森かおり
  • 【好きな食べ物】まぐろ 豆腐
  • 【将来の夢】
    老後はゆっくりと日本全国温泉巡りがしたいですね…
  • 【仕事に対する信念・ポリシー】
    一棟一棟…自分の家を造るように真心を込めて取り組んでいます。

このページのトップへ戻る